チューリップ賞2019予想 枠順・脚質・血統傾向

こんばんわ、ワイド師です。

今回はチューリップ2019の枠順・脚質・血統傾向の記事です。

このレースは阪神競馬場で行われる芝1600m戦です。

昨年からようやくG2に格上げされた桜花賞に向けた最重要ステップレースです。

今回は阪神ジュベナイルの勝ち馬ダノンファンタジーが参戦します。

馬券的には紐荒れに期待するしかなさそうです。

現在の登録馬とnetkeibaさんの予想オッズは以下の通りです。

 

 

 


まず枠順傾向です。

過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

これを見るとやや外枠優勢ではないでしょうか。

ただ内枠が全く来ないというわけでもないので微妙なところです。

 

今度は穴馬の枠順傾向を調べてみます。

5番人気以下馬限定で過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

穴馬で見ると、むしろ内枠に穴馬が多数います。

ただ全体的に見るとやや外枠優勢です。

 

以上のデータを踏まえて今回の結論は

 

枠順有利不利無し

 

と判断します。

 


次に脚質傾向です。

過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

これを見る限りではやや追い込み馬は分が悪いですが3勝している。

そして差し馬は5勝している。

ただ複勝率では逃げ・先行馬も決して引けを取らない。

脚質傾向では特に決め打ちできるほどの材料がありませんが、1着馬を考えるな差し・追い込みタイプで狙うのが良いでしょう。

1番人気想定のダノンファンタジーは4戦連続上り2位以内。

前走も強烈な末脚で勝利していることを考えると、かなり有力な1頭です。

 


最後に血統傾向です。

以下が2014年以降の1~3着馬の血統表です。

 

 

過去5年の活躍馬の傾向は父ディープインパクト又は父サンデーサイレンス系×母父ノーザンダンサー系です。

 

今回の該当馬は

 

シェーングランツ
シゲルピンクダイヤ
シャドウディーヴァ
ダノンファンタジー
ノーブルスコア
ブリッツアウェイ

 

以上6頭です。

血統から考えても2強オッズのシェーングランツダノンファンタジーは外せない2頭でしょう。

 


これで傾向考察は終わりです。

そして現時点の穴本命候補は

この馬☟(A)

中央競馬ランキング

人気は無いが血統的にはベスト距離。

前走勝利時の3~5着馬は未勝利クラスを勝ち上がっているので、決してレベルは低くなかった。

それでこの人気なら買い要素十分です。