チューリップ賞2018予想 本命馬候補と枠順傾向

こんばんわ。ワイド師です。今回はチューリップ賞の本命馬予想です。

弥生賞と同じくこちらも少頭数。今年からG2に格上げされました。まず枠順傾向からです。

今回の登録馬は12頭です。過去10年で11頭以下で開催されたことがないので、レースデータは過去10年で開催された12~13頭立てで調べました。サンプル数は4レースです。

これを見る限りフラットと考えて良いでしょう。次にコースデータです。2008年以降の11~13頭立て、チューリップ賞の芝状態と近い開幕週1~4日目で調べました。

若干外が不利かと思える程度であまり変わりません。よって今回の枠順傾向はフラットと判断します。

では本命馬予想に入ります。現在のnetkeibaさんの単勝予想オッズですが3強オッズとなっています。

1 ラッキーライラック 1.8

2 リリーノーブル 3.4

3 マウレア 4.7

この中から本命馬を選びたいと思います。

ラッキーライラック

毎回突き放して勝つという感じではないが、それでも無傷の3連勝。3番人気想定のマウレアがクイーンカップで凡走したことによって、この馬を脅かすのはリリーノーブルだけか?そうなると馬券内の確率はさらに高くなったと言える。あとは逆の意味で石橋騎手影響でオッズが被らないことを願うだけ。

リリーノーブル

前走はラッキーライラックとコンマ1秒差の接戦。想定オッズ程の差は無いと思います。川田騎手はこのコースを得意としているので逆転のチャンスは十分ありそう。

マウレア

前走の凡走は正直がっかりした。ただ上記2頭が休み明けに対してこちらは叩き2戦目という点で有利だと思う。そして前走の凡走が無ければこのレースは使う予定が無かったはず。本気度はこの馬が上である。

 

以上が3頭の評価です。マウレアはちょっと落ちるかなという印象。やはり狙うならラッキーライラックかリリーノーブルでしょう。そして現在の本命馬候補は

この馬☟

中央競馬ランキング

毎回安定した末脚を繰り出す。この頭数なら今回も存分にその力を発揮できると思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください