チャンピオンズカップ2018予想 過去データ推奨馬と本命&出走予定馬分析

こんばんわ、ワイド師です。

今回はチャンピオンズカップ2018の過去データ推奨馬と本命&出走予定馬分析の記事です。

 


まずはデータ推奨馬から入ります。

2014年以降の結果は以下の通りです。

 

 

このデータから読み取れる材料は見方によって様々ですが、ここから穴馬の傾向を探したいと思います。

過去4年で5番人気以下の穴馬に多く見られる共通点

 

① 前走5番人気以内(例外無し)

② 4~7歳(例外無し)

③ 前走みやこステークスorG1(例外無し)

 

以上になります。

ただ一つ問題がありまして、今年はみやこステークスの開催はありませんでした。

みやこステークスは11月の初週に開催されていましたが、その代わりに今年はJBCが京都で開催されました。

ということで③の条件は前走G1のみとなります。

上記の条件に該当する想定オッズ5番人気以下の穴馬は

 

サンライズソア
ノンコノユメ

 

この2頭です。

今回はこの2頭をデータ推奨馬とします。

ただ今年からはみやこステークスの代役として武蔵野ステークスからの穴馬の可能性も‥

 


それでは本命馬(穴馬)予想に入ります。

現在のnetkeibaさんの単勝予想オッズ二桁台までは以下の通りです。

 

1 ルヴァンスレーヴ 2.2
2 ゴールドドリーム 3.0
3 ケイティブレイブ 5.2
4 オメガパフューム 12.0
5 サンライズノヴァ 13.8
6 サンライズソア 13.9
7 ノンコノユメ 14.8
8 アンジュデジール 71.9
9 インカンテーション 73.6

 

本命馬は5番人気以下から狙いたいと思います。

枠順・脚質・血統傾向の記事で本命馬候補を1頭挙げましたが、更にもう1頭本命馬候補を挙げたいと思います。

 

よろしければこちらの記事も読んでみて下さい☟

チャンピオンズカップ2018予想 枠順・脚質血統傾向

クリックしたら飛びます。

本命馬候補(B)

この馬☟


中央競馬ランキング

この馬が内枠に入ったら絶好の狙い目です。

今回の出走メンバーはダート戦割りに先行馬が少ない。

鞍上も有力外人騎手となれば、上位3頭に食い込む可能性は十分ある。

 


最後に出走予定馬分析です。

対抗馬は基本的に1~4番人気以内から選びます。

 

ルヴァンスレーヴ

前走ゴールドドリームに勝ったことにより想定1番人気。

ただ地方交流重賞でいつも思うのは上位3~4頭くらい強い馬+雑魚という図式

これって経験値としては低いと思います。

単なるタイマン勝負です。

個人的な見解ですが、全ての馬がそれなりのレベルにあって、そこで勝つ馬は強いということです。

これって昔のケイティブレイブにも同じようなことが言えます。

中央のハイレベルの馬が勢ぞろいしてそれでも前走のような競馬が出来るのか?

この馬にとって試金石の1戦だと思ってます。

 

ゴールドドリーム

中央G1を含めて5戦連続連対中。

鞍上も絶好調ルメール騎手となれば、キャリアを含めルヴァンスレーヴよりこの馬を取りたい。

前走との斤量差も1キロ縮まったのも尚更良い。

 

ケイティブレイブ

前走は差し切り勝ちでG1勝利。

ただそこにはゴールドドリームもルヴァンスレーヴもいなかった。

この馬の強みは前にいけること。

地方に良績が集中しているのだけが気がかりだが、前走はそれなりのメンバーが揃った中での勝利だったので、今なら中央G1でも勝負になるか?

地方専門かそうでないかは今回はっきりするでしょう。

 

オメガパフューム

馬柱は綺麗だがケイティブレイブにもルヴァンスレーヴにも負けている。

鞍上はCデムーロならと思うところだが、意外にもこのコースの成績が超絶悪い。

6戦しかしてないので微妙だが、6戦中2番人気が3回・4番人気が1回・残りは6番人気と8番人気で6戦1勝という成績。

残りの5戦は全て掲示板外。

人馬共に強調点が少ない。

 


以上で記事は終わりです。

現時点で対抗馬筆頭はゴールドドリーム

2番手は展開と妙味でケイティブレイブです。

 

本命馬候補をまだ見ていない方はこちらからでもどうぞ。

本命馬候補(B)☟


中央競馬ランキング