チャンピオンズカップ2018予想 枠順・脚質・血統傾向

こんばんわ、ワイド師です。

今回はチャンピオンズカップ2018の枠順・脚質・血統傾向の記事です。

このレースは中京競馬場で行われるダート1800m戦です。

現時点で登録馬は20頭です。

このレースは毎年荒れるレースです。

ただ今年はルヴァンスレーヴ・ゴールドドリーム・ケイティブレイブの3強ムード。

果たして今年も穴馬の台頭はあるでしょうか?

 


まず枠順傾向です。

このレースの第1回は2014年です。

データもその年以降からになります。

以下がその傾向です。

 

 

明らかに1枠と2枠が有利です。

ちなみに過去4年で5番人気以下の穴馬は計7頭いるのですが、その内5頭が1~4番ゲート以内という異常な偏りです。

 

今度はコースデータを調べてみます。

中京競馬場リニューアル後の2012年以降のデータです。

フルゲートで調べました。

 

 

これもレースデータと同じです。

1枠と2枠の複勝率が良いです。

 

今回は非常に分かり易いです。

結論は

 

1枠・2枠有利

 

と判断します。

 


次に脚質傾向です。

対象は過去10年のデータです。

 

 

基本は逃げ先行有利と考えて良いでしょう。

但し1着に限ると差し・追い込みタイプの決め手がある馬にもチャンスがあります。

今回人気馬で言うとルヴァンスレーヴとゴールドドリームがそのタイプです。

逆にケイティブレイブは馬券圏内向きと言えるでしょう。

 


最後に血統傾向です。

今回は穴馬に注目しました。

第1回開催から4年連続で必ず馬券圏内に来ている5番人気以下の馬にはある共通点があります。

それは父or母父にミスプロ系です。

今回の該当馬は

 

アスカノロマン
アポロケンタッキー
インカンテーション
ウェスタールンド
オメガパフューム
サンライズノヴァ
センチュリオン
ダノングッド
チュウワウィザード
ノンコノユメ
パヴェル

 

以上11頭です。

頭数は多いですが、明らかに戦績的に買えない馬や枠順配置が決まれば一気に絞れると思います。

 


これで傾向考察は終わりです。

そして現時点の本命馬候補は

この馬☟(A)

中央競馬ランキング

父にミスプロ系を持ち、決め手は出走メンバー中1・2を争う。

昨年のこのレースはスランプ期で凡走したが、2年前は2着。

今年は戦績的にも十分で、前走は惜しくも4着だったが16頭立ての4角15番手からの鬼脚は穴馬として十分狙う価値はあります。