チャンピオンズカップ2017 本命馬予想と枠順傾向

こんばんわ。ワイド師です。今回はチャンピオンズカップの本命馬予想です。

まずチャンピオンズカップの枠順傾向です。過去3年しかデータが無いですが、このような結果となってます。

枠番
着別度数
勝率
連対率
複勝率
1枠
0- 1- 1- 3/ 5
0.0%
20.0%
40.0%
2枠
1- 2- 0- 3/ 6
16.7%
50.0%
50.0%
3枠
0- 0- 1- 5/ 6
0.0%
0.0%
16.7%
4枠
1- 0- 0- 5/ 6
16.7%
16.7%
16.7%
5枠
1- 0- 0- 5/ 6
16.7%
16.7%
16.7%
6枠
0- 0- 1- 5/ 6
0.0%
0.0%
16.7%
7枠
0- 0- 0- 6/ 6
0.0%
0.0%
0.0%
8枠
0- 0- 0- 6/ 6
0.0%
0.0%
0.0%

1枠2枠の複勝率が高く、7枠8枠は馬券内無しです。7枠8枠は人気馬も馬群に沈んでいるので、不利なのかもしれない。

今度は中京コースが改修工事を終えた2012年以降の16頭立て限定のコースデータです。

枠番
着別度数
勝率
連対率
複勝率
1枠
22- 23- 30-290/365
6.0%
12.3%
20.5%
2枠
29- 28- 36-271/364
8.0%
15.7%
25.5%
3枠
24- 19- 17-304/364
6.6%
11.8%
16.5%
4枠
32- 18- 23-292/365
8.8%
13.7%
20.0%
5枠
22- 24- 13-306/365
6.0%
12.6%
16.2%
6枠
21- 27- 21-297/366
5.7%
13.1%
18.9%
7枠
12- 21- 26-307/366
3.3%
9.0%
16.1%
8枠
21- 23- 18-302/364
5.8%
12.1%
17.0%

2枠の複勝率が高いです。次いで1枠4枠の順です。レースデータ、コースデータで共通して言えるのは、1枠2枠が有利である。

それでは予想に入りたいと思います。現在のnetkeibaさんの単勝一桁台4頭の予想オッズです。

1 サウンドトゥルー 3.6

2 テイエムジンソク 3.6

3 アウォーディー 5.9

4 ケイティブレイブ 8.7

この4頭から本命馬を探したいと思います。

サウンドトゥルー

前走はJBCクラシックを制覇。年齢を感じさせない勢いは素晴らしい。差し、追い込み脚質にもかかわらず、馬柱の安定性は凄い。去年の覇者でもあるし、有力候補である。ただ脚質的に多頭数の場合、馬群を捌けない可能性はある。近5走で馬券内に絡めなかったのは2走。共に16頭立てのレースだった。

テイエムジンソク

前走はみやこステークスを圧勝。ようやく重賞ウイナーとなった。今の勢いならまさかの1番人気という可能性もある。もしかしたら、新たなスターホースの可能性もある。逆にエピカリスのように評判だけで結局はG1クラスの壁があったという可能性もある。1着か馬券外か、そういう評価である。ワイド馬券的には軸としては難しい。

アウォーディー

近走人気を裏切り続けている。でも掲示板を外す程負けてる訳でもない。今年に入ってから連敗なので、年齢的な衰えかもしれない。ただ、最近の敗戦はドバイを除いて、全て大井競馬場である。もしかしたらコース適正の差かもしれない。去年の2着馬で中京コース適正は問題無い。

ケイティブレーブ

なんと言っても3走前の帝王賞での出遅れながらの優勝は圧巻だった。その後も勝てないまでも実力馬と差の無い勝負をしている。近3走内ではアウォーディーとの直接対決で2戦して2度とも先着している。不安な点は中央競馬では良績が少ないこと。地方の場合は、上位グループは一流、下位グループは言い方が悪いが雑魚。ただ中央のG 1は少なくとも雑魚は集まらない。地方のG1とは違い、全てが強敵である。この重圧に耐えられるかどうか。

以上が4頭の評価です。この中で現時点で選ぶとすれば

この馬👇

中央競馬ランキング

枠順が確定しないと何とも言えないが、叩き2戦目で上昇余地があるこの馬で勝負したい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください