チャレンジカップ2018予想 過去データ推奨馬と本命&出走予定馬分析

こんばんわ、ワイド師です。

今回はチャレンジカップ2018の過去データ推奨馬と本命&出走予定馬分析の記事です。

 


まずはデータ推奨馬から入ります。

前回の記事で書きましたが、昨年から条件も全て変わりサンプル数は昨年のみ。

はっきり言ってこれだけではデータ推奨馬を導くのは困難です。

そこで昨年とそれ以前の違いについて注目しました。

 

 

分かりましたか?

昨年とそれ以前の違いが明確に表れている傾向は

 

① 前走クラスG1orG2

 

以上になります。

以前はハンデ重賞だったり開催時期も違ったりでこのレースはローカル重賞と変わらないレベルでした。

それが別定戦になり、距離も時期も変わったことにより有馬記念へのステップレース的位置付けになりました。

これがきっと昨年の3着馬までが全て前走クラスG1orG2だったのではないでしょうか?

今回の該当馬は

 

ステイフーリッシュ
ダンビュライト
レイエンダ
ロードヴァンドール

 

この4頭です。

今回はこの4頭をデータ推奨馬とします。

 


それでは本命馬(穴馬)予想に入ります。

現在のnetkeibaさんの単勝予想オッズ二桁台までは以下の通りです。

 

1 レイエンダ 2.1
2 エアウィンザー 3.2
3 ダンビュライト 4.6
4 トリコロールブルー 8.1
5 ステイフーリッシュ 15.7
6 マウントゴールド 25.2
7 ロードヴァンドール 26.8
8 ハートレー 45.0
9 ダッシングブレイズ 66.8
10 マルターズアポジー 80.2
11 アメリカズカップ 88.1

 

本命馬は5番人気以下から狙いたいと思います。

枠順・脚質・血統傾向の記事で本命馬候補を1頭挙げましたが、更にもう1頭本命馬候補を挙げたいと思います。

 

よろしければこちらの記事も読んでみて下さい☟

チャレンジカップ2018予想 枠順・脚質血統傾向

クリックしたら飛びます。

本命馬候補(B)

この馬☟


中央競馬ランキング

正直力量的に?という部分はあるが、格的にはクラシック出走馬で他の人気薄の馬よりは期待が持てる。

血統傾向の記事でも推奨したステイゴールド産駒。

今回距離が2000mになりこの馬が勝ち鞍を挙げた距離に戻る。

傾向的に中穴人気くらいの時が一番激走する。

今回は人気的にも狙い時かもしれません。

 


最後に出走予定馬分析です。

対抗馬は基本的に1~4番人気以内から選びます。

 

レイエンダ

鞍上ルメールで兄はレイデオロ。

前走は皐月賞3着馬ジェネラーレウーノ相手に大外枠からも僅かに届かず3着。

今回メンバーを見渡しても、この馬に勝てるならエアウィンザーくらいでしょうか?

普通に考えて頭候補でしょう。

 

エアウィンザー

13戦12馬券圏内という素晴らしい成績。

唯一馬券から消えたのはたった1度の重賞出走したG3の共同通信杯だけ。

これをどう考えるか?

ただ3走前はマイルチャンピオン5着のミッキーグローリーにも勝っているので、成長した今なら問題なしか?

それでもやはり重賞経験の浅さが心配です。

 

ダンビュライト

前走は放馬で天皇賞秋は除外。

ただキャリア的には皐月賞3着、AJC1着で格は1番。

2強オッズなら妙味はこの馬です。

 

トリコロールブルー

前走エアウィンザーに決定的な差をつけられて敗戦。

穴馬ならともかく上位人気の1頭として扱うにはリスキー過ぎる。

 


以上で記事は終わりです。

現時点ではレイエンダが相手筆頭です。

エアウィンザーも良いのですが、重賞経験が少なさすぎるのでもしかしたら飛ぶ可能性もあるのでは?

 

本命馬候補をまだ見ていない方はこちらからでもどうぞ。

本命馬候補(B)☟


中央競馬ランキング