チャレンジカップ2018予想 枠順確定後の最終結論

こんばんわ、ワイド師です。

今回はチャレンジカップ2018の枠順確定後の最終結論です。

枠順も確定してどの馬が良い枠に、悪い枠に入ったでしょうか?

 


まず確定した枠順は以下の通りです。

 

1枠1番 マルターズアポジー
2枠2番 マウントゴールド
3枠3番 ダンビュライト
4枠4番 マイネルフロスト
5枠5番 ダッシングブレイズ
5枠6番 ケントオー
6枠7番 ロードヴァンドール
6枠8番 レイエンダ
7枠9番 エアウィンザー
7枠10番 ステイフーリッシュ
8枠11番 トリコロールブルー
8枠12番 サイモンラムセス

赤字の馬が現在上位人気4頭です。

上位人気馬の中で絶好枠は2枠2番マウントゴールドでしょう。

マルターズアポジーを行かせてロードヴァンドールやサイモンラムセスが外から切れ込んできて、内で控えて3~4番手辺り。

武騎手ならまず無謀な競りかけはしないはず。

3枠3番ダンビュライトはちょっと読めないですね。

前走逃げ宣言しながらも放馬で除外。

近2走は控える競馬だったので今回はどうか?

6枠8番レイエンダ7枠9番エアウィンザーは差しタイプで特に問題ない枠順でしょう。

 

基本的に対抗馬や抑え馬は上位4番人気以内から選びます。

掛け金は目安として2000円設定です。

 

今回は対抗馬1頭の1点勝負です。

そして対抗馬はこの馬です。

(対抗馬)

今回の対抗馬は

6枠8番 レイエンダ(2000円)

(抑え馬)

今回は無しです

 

エアウィンザーは久しぶりの重賞で微妙。

ダンビュライトは実績ナンバーワンだが前走の放馬が気になる。

マウントゴールドは絶好枠だが、穴本命だったので対抗馬としては1枚落ちる。

素質・鞍上・前走のレースっぷりを考えたらレイエンダが圏外から消えるとは考えにくいです。

 

最後に本命馬はこの馬☟


中央競馬ランキング

(本命馬)

想定オッズの段階では買う気はなかったが、実際のオッズが予想より下回ったのでこの馬を本命馬とします。

対抗馬としては軽視で、はっきりしているのは頭は無いでしょう。

ただ穴本命としては3着狙いならここでも勝負になります。

鞍上は一番相性が良い騎手に戻り一変してもおかしくないです。