日本ダービー2018予想 枠順・脚質・血統傾向

こんばんわ、ワイド師です。今回はダービーの枠順・脚質・血統傾向です。

 

まずは枠順傾向です。

過去10年の傾向は以下の通りです。

ダービーは超絶に1枠が有利です。ただ1枠が有利なことより気になるのが、8枠の成績の悪さ そして7枠も若干怪しい

いつもならレースデータの他にコースデータを参考にするのですが、ダービーは特殊な傾向なので、今回は穴馬分布で掘り下げてみたいと思います。

過去10年で5番人気以下の馬の枠順傾向は以下の通りです。

8枠はかなり厳しい。ただ7枠も苦戦しています。要するに1枠がこれだけ有利ということは 外枠は当然不利ということになります。

ついでに1~4番人気の枠順分布も調べたいと思います。

過去10年の傾向は以下の通りです。

やはり8枠は厳しい。ただ上位人気馬であれば7枠は不利にはなっていません

結論は

1枠超絶有利

8枠超絶不利

穴馬は6枠まで

人気馬は7枠まで

 

という考えでいます。もしダノンプレミアムが8枠に入ったら危ないかもしれません。

 

次に脚質傾向です。

過去10年の傾向は以下の通りです。

逃げ・先行と差し・追い込みはほぼ互角ではないでしょうか。ただ上り1・2位の馬は成績が良い。特に2位の馬が良いということは中団かそれよりやや前目に付ける馬が良いのではないでしょうか。

ちなみに近3走で全て上り2位以内の脚を使っている馬は

キタノコマンドール
ゴーフォザサミット
ステルヴィオ

この3頭です。

 

最後に血統傾向です。

近5年で言うとやはりディープインパクト産駒が活躍しています。ただ新種牡馬の台頭が目立ってきてるので、今年はどうなるかわからないです。

それ以外で特徴的な傾向は父か母父にロベルト系内包馬です。

今年の出走メンバーでは

ジェネラーレウーノ
タイムフライヤー
ダノンプレミアム

この3頭になります。

 

以上です。枠順次第ということになりますが現時点での注目馬は

この馬☟

中央競馬ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.