ダービー卿チャレンジトロフィー2018予想 本命&穴馬候補

こんばんわ、ワイド師です。今回はダービー卿チャレンジトロフィーの本命&穴馬予想です。

現在のnetkeibaさんの単勝予想オッズ二桁台までは以下の通りです。

1 グレーターロンドン 2.7
2 レッドアンシェル 3.7
3 マルターズアポジー 4.9
4 ディバインコード 9.5
5 ソルヴェイグ 17.2
6 ヒーズインラブ 18.7
7 ゴールドサーベラス 20.6
8 アデイインザライフ 23.2
9 タイセイサミット 26.2
10 キャンベルジュニア 29.1
11 ミュゼエイリアン 31.0
12 ロジチャリス 42.0
13 テオドール 53.9
14 ストーミーシー 58.7

この中から本命馬候補と穴馬候補を選びたいと思います。

まずは本命馬予想です。

今回狙ってみたい本命馬は上位3頭です。この中から本命馬候補を探したいと思います。

 

グレーターロンドン

前走は大外枠で川田騎手がまさかの先行策で惨敗。陣営もこの馬の持ち味は末脚だと再認識したでしょう。ただ中山1600mは内枠先行が圧倒的に有利。今回はまず先行しないはずなので、そうなると脚質的にどうか?あと気になるのはディープ産駒の傾向として連勝が途切れた辺りから成績が下がり始める傾向。成長力がないというのは良くディープ産駒で言われること。OPのディセンバーSで3着というのがその表れではないでしょうか?この中で能力はナンバーワンだが、不安点が多い気がする。

 

レッドアンシェル

G3でもG1でも毎回健闘する善戦マン。主戦騎手が無難騎乗が得意の福〇騎手だったというのもあるかもしれない。個人的には好きな騎手ですが‥前走は幸騎手で今回は戸崎騎手。鞍上的にはプラスだと思う。先行タイプの脚質もこのコースには合っているし、内枠が理想でしょう。軸馬としては信頼のおける1頭である。

 

マルターズアポジー

大阪杯にも登録しているが、このレースに出走の見込み。逃げ馬にはぴったりなコース。頭を狙うならこの馬でしょう。しかし問題はペース。今回は前に行きたい馬が多く、特にソルヴェイグ、ミュゼエイリアン、マイネルアウラート辺りは行けるのなら行きたい馬達。逃げるという点では間違いなくこの馬だが、2番手グループのプレッシャーに耐えられるかどうか。逆にそれさえクリアしてしまえば圧勝さえあると思う。

 

以上が本命馬候補の評価です。

 

次に穴馬予想に入りたいと思います。

今回の下位人気馬は高齢馬や鮮度落ちの馬が多いような気がします。枠順次第ということもありますが、今回は鮮度重視で穴馬候補を選びたいと思います。

 

穴馬候補①ヒーズインラブ

今が旬のハービンジャー産駒で1600万クラスの常連。2・3走前は共にシンザン記念馬のロジクライと同斤量で接戦。今回は2キロ減の55キロなら狙ってみたい。

 

穴馬候補②ゴールドサーベラス

この馬は3走前あたりから急に力を付けてきて、現在1000万・1600万クラスを2連勝。それも全て中山1600mである。6歳だがスクリーンヒーロー産駒ということを考えればこの2連勝もマグレではなく成長の証では?前走の2着馬はセントライト記念3着馬のプロディガルサン。今回はヒーズインラブよりさらに軽い3キロ減の54キロならこちらも捨て難い。

以上が穴馬候補です。

これで本命馬と穴馬の考察は終了です。そして現時点で狙ってみたい本命馬候補と穴馬候補は

この2頭☟

中央競馬ランキング

今年は絶不調なので、今週から予想方針を少しアレンジしてみた。早く結果が欲しい(;^_^A

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください