ダイヤモンドステークス2019予想 枠順確定後の最終結論

こんばんわ、ワイド師です。

今回はダイヤモンドステークス2019の枠順確定後の最終結論です。

今週は多忙でフェブラリーステークス以外の記事は全く書けませんでした。

データ等も色々あるのですが、省略さて頂きます。

 


まず確定した枠順は以下の通りです。

 

 

 

今週は書けてませんが、枠順傾向の見解は8番ゲート以降不利と判断しています。

ですが、少頭数なので枠順はそれ程気にしなくても良いでしょう。

 

それにしてもなんて低レベルなメンバー構成でしょう。

はっきり言ってユーキャンスマイル以外は全て低レベルメンバーでどの馬にもチャンスがありそうに見えます。

 

基本的に対抗馬や抑え馬は上位4番人気以内から選びます。

掛け金は目安として2000円設定です。

今回は対抗馬1頭の1点勝負です。

 

(対抗馬)

8枠10番 ユーキャンスマイル(2000円)

 

(抑え馬)

今回は無しです

 

普通に考えて堅軸と思えるのはこの馬しかいません。

配当が安くなるのは承知していますが、実を取ります。

 

最後に穴本命馬はこの馬☟


中央競馬ランキング

(穴本命馬)

現時点では予想以上に低人気な評価。

確かに近走の成績を見ると納得な部分もあります。

ですが今回のメンバー構成を考えると、ここまで評価が落ちるのは舐められ過ぎ。

中長距離の重賞実績ではユーキャンスマイルに次ぐ実績馬である。