ターコイズステークス2018予想 枠順確定後の最終結論

こんばんわ、ワイド師です。

今回はターコイズステークス2018の枠順確定後の最終結論です。

枠順も確定してどの馬が良い枠に、悪い枠に入ったでしょうか?

 


まず確定した枠順と現時点のオッズは以下の通りです。

 

 

現時点のオッズではプリモシーンフローレスマジックが人気を分け合っています。

それ以下はミスパンテール・フロンテアクイーン・ディメンシオンと殆ど差がないオッズ。

ここ辺りまでが上位人気馬と呼べそうです。

どの馬も極端な配置にはならなかったので問題無いとは思いますが、7枠13番フロンテアクイーンは気になります。

前走はG1の舞台で掲示板から外れましたが、それ以前は7戦連続馬券内に入った馬。

そして偶然にもその7戦全てが7番ゲート以内

だが今回は久しぶりの外枠配置。

ただ立ち回りの上手い馬だとしたら、今回はちょっと心配ですね。

 

基本的に対抗馬や抑え馬は上位4番人気以内から選びますが、今回は5番人気まで対象とします。

掛け金は目安として2000円設定です。

 

 

今回は対抗馬2頭と抑え馬1頭の3点勝負です。

そして対抗馬はこの馬です。

 

(対抗馬)

今回の対抗馬は

2枠3番 ミスパンテール(800円)

7枠13番 フロンテアクイーン(900円)

(抑え馬)

5枠10番 プリモシーン(300円)

 

今回のポイントは前走レースです。

以下の表を見て下さい。

 

 

クラス別に見ると前走G1出走馬の複勝率が異常に高いです。

過去10年で前走芝G1レース組が馬券圏内に来た年は9回です。

今回の出走馬で前走芝G1組は上記の3頭なのです。

そして今回は牝馬のハンデ戦ということもあるので、妙味ある2頭ミスパンテールとフロンテアクイーンを対抗馬としました。

 

最後に本命馬はこの馬☟


中央競馬ランキング

(本命馬)

ちょっと内枠過ぎるかとも思いますが前走も1番ゲートで好走した。

外に持ち出しての好走だったが、今回は中山ということもあるので理想はIN差しがベスト。

今の勢いとサトノダイヤモンドの半妹という血統に賭けてみます。