スプリングステークス2019予想 枠順確定後の最終結論

こんばんわ、ワイド師です。

今回はスプリングステークス2019の枠順確定後の最終結論です。

良い枠順、悪い枠順に入った馬はどの馬でしょうか?

 


まず確定した枠順と現時点のオッズは以下の通りです。

 

 

枠順傾向の記事では11番ゲート以降不利と判断しています。

注目の2頭は朝日杯上位組の1枠1番ファンタジストと1枠2番クリノガウディーです。

ファンタジストは距離不安が囁かれているので、この枠はロスなく運べるでしょう。

そしてクリノガウディーも先行馬で朝日杯は1番ゲートで穴を開けた。

ただ朝日杯の上位組がいるにもかかわらず、このオッズはそれだけこの2頭に不安があるからなのでしょう。

 

基本的に対抗馬や抑え馬は上位4番人気以内から選びます。

掛け金は目安として2000円設定です。

今回は対抗馬2頭の2点勝負です。

 

(対抗馬)

4枠8番 ヒシイグアス(1200円)

8枠15番 ロジャーバローズ(800円)

 

(抑え馬)

今回は無しです

 

今回は朝日杯上位組は軽視します。

対抗馬2頭は過去記事で書いた血統傾向的にもデータ傾向的にも合っている2頭。

楽に先手が取れそうなヒシイグアスと勢いのあるディープ産駒のロジャーバローズで勝負です。

 

最後に穴本命馬はこの馬☟


中央競馬ランキング

(穴本命馬)

今回狙っていた馬達が11番ゲート以降に配置されてしまった。

あくまで狙うのは10番ゲート以内の馬です。

たとえ一つ差の11番ゲートでも消します。

今回狙う馬は血統傾向に合致する父にサンデーサイレンス系種牡馬で5戦中4回馬券内の堅実駆けするこの馬。

距離延長がやや不安だが、2000mでも勝ち鞍があるので心配ないでしょう。