スプリングステークス2019予想 枠順・脚質・血統傾向

こんばんわ、ワイド師です。

今回はスプリングステークス2019の枠順・脚質・血統傾向の記事です。

このレースは中山競馬場で行われる芝1800m戦です。

朝日杯2着馬と4着馬が参戦してきましたが、オッズ的には混戦模様ですので面白いレースになりそうです。

現在の登録馬とnetkeibaさんの予想オッズは以下の通りです。

 

 


まず枠順傾向です。

改修工事後の2015年以降のデータは以下の通りです。

 

 

困ったことに近4年では13頭立てが最多レースで、今回の登録馬から判断すると16頭立ての可能性が高い。

そうなると外枠の判別が出来ません。

 

今度は穴馬の枠順傾向を調べてみます。

5番人気以下馬限定で2015年以降の傾向は以下の通りです。

 

 

穴馬で見ると、内も外も満遍なく来ています。

ただこれも13頭立てまでのデータです。

今回は仕方がないので、同開催地同距離のフラワーカップの記事で書いたデータを参考にします。

省略しますが、この記事では11番ゲート以降不利と判断しています。

 

以上のデータとフラワーカップのデータを踏まえて今回の結論は

 

11番ゲート以降不利

 

と判断します。

 


次に脚質傾向です。

改修工事後の2015年以降のデータは以下の通りです。

 

 

複勝率では先行・差し馬で勝率では差し馬の成績が良い。

ただ逃げ馬も悪い成績ではない。

追い込み馬は避けた方が賢明でしょう。

今回の上位人気馬は基本的は先行馬が多いので、頭に来るのは人気薄の差し馬かもしれません。

 


最後に血統傾向です。

以下が2015年以降の1~3着馬の血統表です。

 

 

過去4年の活躍馬の傾向は父にサンデーサイレンス系種牡馬です。

12頭中2頭だけがミスプロ系で、残りは全てサンデーサイレンス系種牡馬でした。

今回の該当馬は

 

ゲバラ
タガノディアマンテ
ディキシーナイト
ヒシイグアス
フィデリオグリーン
モズベッロ
リバーシブルレーン
ロジャーバローズ

 

以上8頭です。

この中に想定1・2番人気のファンタジストとクリノガウディーは入っていません。

血統傾向的に狙うなら、妙味も含め他馬を狙ってみたいです。

 


これで傾向考察は終わりです。

そして現時点の穴本命候補は

この馬☟(A)

中央競馬ランキング

前回、この馬を穴本命にして大穴を空けた。

馬券にはならなかったが(苦笑)

そして今回も変わらず人気にはなっていない。

前走の相手を考えたらこの想定オッズはかなり美味しい。

鞍上が最近重賞で人気馬を飛ばしまくっているので、やや心配だが今回は人気薄で気楽に乗れるはず。