ステイヤーズステークス2018予想 更新記事 枠順確定後の最終結論

おはようございます、ワイド師です。

アルバート回避により、対抗馬部分だけ記事を書き換えました。

今回はステイヤーズステークス2018の枠順確定後の最終結論です。

枠順も確定してどの馬が良い枠に、悪い枠に入ったでしょうか?

 


まず確定した枠順は以下の通りです。

 

1枠1番 アルバート
2枠2番 ヴォージュ
3枠3番 モンドインテロ
3枠4番 コウキチョウサン
4枠5番 トウシンモンステラ
4枠6番 カレンラストショー
5枠7番 ララエクラテール
5枠8番 マサハヤダイヤ
6枠9番 ネイチャーレット
6枠10番 マイネルミラノ
7枠11番 リッジマン
7枠12番 アドマイヤエイカン
8枠13番 メドウラーク
8枠14番 アルター

赤字の馬が現在上位人気4頭です。

上位人気馬の中では1枠1番アルバート2枠2番ヴォージュは良い枠に入ったでしょう。

長丁場を走るのでロスなく走れる内枠は良いと思います。

傾向的にも外枠はマイナスです。

 

基本的に対抗馬や抑え馬は上位4番人気以内から選びます。

掛け金は目安として2000円設定です。

 

今回は対抗馬1頭の1点勝負です。

そして対抗馬はこの馬です。

(対抗馬)

今回の対抗馬は

7枠11番リッジマン(2000円)

(抑え馬)

今回は無しです

 

アルバート回避により上位は大混戦。

残った上位人気馬の中で長距離適性が既に実証されているのはリッジマンかモンドインテロの2頭。

ただモンドインテロは近走惨敗続きで手が出しづらい。

外枠というのがやや心配ではありますが、ここは2600mを越える距離には抜群の安定感があるリッジマンで勝負します。

 

最後に本命馬はこの馬☟


中央競馬ランキング

(本命馬)

この馬も距離ロスなく走れる内枠に入った。

戦績的には穴本命としても厳しく見えるが、この距離だからこそ可能性がある。

全兄にはあの有名な超一流障害馬がいる。

スタミナ比べならこのレースで覚醒してもおかしくない。