ジャパンカップ2018予想 過去データ推奨馬と本命&出走予定馬分析

こんばんわ、ワイド師です。

今回はジャパンカップ2018の過去データ推奨馬と本命&出走予定馬分析の記事です。

 


まずはデータ推奨馬から入ります。

過去10年の結果は以下の通りです。

 

 

このデータから読み取れる材料は見方によって様々ですが、ここから穴馬の傾向を探したいと思います。

過去10年で5番人気以下の穴馬に多く見られる共通点

 

① 日本馬(例外無し)

② 前走距離2000m以上(例外無し)

③ 前走天皇賞・海外競馬以外は3番人気以内且つ5着以内(例外無し)

④ 前走天皇賞組は5番人気以下(例外無し)

 

以上になります。

今回の想定オッズ5番人気以下で該当するのは

 

シュヴァルグラン

 

この1頭です。

データ的にはシュヴァルグランは穴馬筆頭です。

今回はこの1頭をデータ推奨馬とします。

 


それでは本命馬(穴馬)予想に入ります。

現在のnetkeibaさんの単勝予想オッズ二桁台までは以下の通りです。

 

1 アーモンドアイ 1.8
2 スワーヴリチャード 4.3
3 サトノダイヤモンド 5.1
4 キセキ 6.6
5 シュヴァルグラン 10.5
6 カプリ 26.3
7 ミッキースワロー 55.2
8 マカヒキ 59.2
9 ミッキーロケット 87.7
10 サンダリングブルー 93.6
11 ノーブルマーズ 95.0

 

本命馬は5番人気以下から狙いたいと思います。

枠順・脚質・血統傾向の記事で本命馬候補を1頭挙げましたが、更にもう1頭本命馬候補を挙げたいと思います。

 

よろしければこちらの記事も読んでみて下さい☟

ジャパンカップ2018予想 枠順・脚質血統傾向

クリックしたら飛びます。

本命馬候補(B)

この馬☟


中央競馬ランキング

正直、今回は想定オッズ5番人気以内で決まってしまうような気がするのですが、そういう時に限って大穴が突っ込んでくる。

爆穴ですが、実績的にはG1好走歴はある。

そしてこの馬の好走条件は内枠。

鞍上ははっきり言って役不足感は否めないですが、枠順次第ではチャンスありです。

 


最後に出走予定馬分析です。

対抗馬は基本的に1~4番人気以内から選びます。

 

アーモンドアイ

このレースは牝馬が鬼強い。

更に3冠牝馬で斤量53キロ、そしてスワーヴリチャードが前走で惨敗とくればそりゃあ1番人気でしょ。

下手に逆らうのは馬鹿かもしれない。

しかしこの馬からワイド馬券では妙味無し。

ただワイド馬券は当たりが3通りある。

この馬が来たとしても、この馬絡み以外の馬券はもう1通りある。

そこに賭けてみたい。

 

 

スワーヴリチャード

前走は出遅れと他馬との接触が全て。

最後の直線は流す程度で着順は気にしなくても良いと思う。

ただこの10着という着順で評価が落ちるなら狙う価値はある。

 

 

サトノダイヤモンド

ピークを過ぎた馬が前走久しぶりの勝利。

常に勢いのあるディープインパクト産駒は買いと言ってますが、この馬の勝利は勢いのある勝利なのか?

個人的にはこの馬とマカヒキはもう二度と買わないと決めていましたが、この馬はどうなのかちょっと悩みます。

それでも鞍上モレイラとは言え期待しすぎるのは危険な気がします。

現時点では人気を吸ってくれる1頭として考えています。

 

キセキ

外人騎手が独占状態の中で近2週のG1の図式は外人2人+日本人1人という成績。

ついでに言うと東スポ杯2歳ステークスも同じ。

そういう意味では想定オッズ6番人気以内の馬で日本人騎手は川田騎手のこの馬だけ。

もはや予想とは言えないが、日本人騎手が一人来ると決め打ちするならこの馬しかいないと思う。

脚質傾向の記事でも書いたが、アーモンドアイを破るならこの馬の2番手辺りからのロングスパートだと思います。

 


以上で記事は終わりです。

現時点では妙味ありなのはスワーヴリチャードとキセキの2頭と考えています。

 

本命馬候補をまだ見ていない方はこちらからでもどうぞ。

本命馬候補(B)☟


中央競馬ランキング