ジャパンカップ2018予想 枠順確定後の最終結論

こんばんわ、ワイド師です。

今回はジャパンカップ2018の枠順確定後の最終結論です。

枠順も確定してどの馬が良い枠に、悪い枠に入ったでしょうか?

 


まず確定した枠順は以下の通りです。

 

1枠1番 アーモンドアイ
2枠2番 ハッピーグリン
3枠3番 サトノダイヤモンド
3枠4番 サトノクラウン
4枠5番 ミッキースワロー
4枠6番 サンダリングブルー
5枠7番 サウンズオブアース
5枠8番 キセキ
6枠9番 シュヴァルグラン
6枠10番 ガンコ
7枠11番 スワーヴリチャード
7枠12番 カプリ
8枠13番 ノーブルマーズ
8枠14番 ウインテンダネス

赤字の馬が現在上位人気4頭です。

まず3枠3番サトノダイヤモンドは良い枠を引きましたね。

内枠有利の先行馬でベストの条件です。

そして1枠1番アーモンドアイですが、ジャパンカップで最も有利な枠に入りました。

ただこの馬に限っては決して内枠が有利とは思えない。

少なくても5~6番手辺りくらいまでで競馬をするなら内枠でも良いと思うが、後方からの競馬となるとその枠順の恩恵は消えると思います。

5枠8番キセキは欲を言えばもう少し内枠が良かったでしょう。

ですが決して不利と言う程の枠ではないので問題なし。

7枠11番スワーヴリチャードもマクリ気味の競馬をするので、内枠よりは外目で良かったと思います。

 

基本的に対抗馬や抑え馬は上位4番人気以内から選びます。

掛け金は目安として2000円設定です。

 

今回は対抗馬2頭と抑え馬1頭の3点勝負です。

そして対抗馬と抑え馬はこの馬です。

(対抗馬)

今回の対抗馬は

7枠11番 スワーヴリチャード(900円)

5枠8番 キセキ(900円)

(抑え馬)

1枠1番 アーモンドアイ(200円)

 

アーモンドアイは確かに強い。

53キロで出走するのは反則です。

ですが、スワーヴリチャードとキセキはオッズ的にはアーモンドアイの2倍以上。

そこまで差が出る程の実力差があるとは思えません。

ルメール騎手の快進撃がソロソロ下火になってきたのと、1枠と言うのが決して有利とも思えないので、妙味を含めてアーモンドアイの評価を下げました。

 

最後に本命馬はこの馬☟


中央競馬ランキング

(本命馬)

候補で挙げたシュヴァルグランとノーブルマーズは内枠に入らなかった。

狙うのなら内枠と決めていたので残念です。

過去10年で二桁人気馬が来た年は2回だけ。

ですので本命馬の条件は5番人気以下~9番人気以内の内枠馬

ついでに言うと外国馬は来たら交通事故と思って諦めています。

そうなるとこの馬が有力でしょう。

アルアインを軽々と撃破したことがある馬。

内枠で脚を溜めて一泡吹かせて欲しい。