シンザン記念2018 予想最終結論

こんばんわ。ワイド師です。今回はシンザン記念の予想最終結論です。

まず、ファストアプローチですが、デムーロ騎乗にも関わらず、2番人気と意外です。そしてこの馬と遜色ない実力馬カシアスが最悪の大外11番。

それがオッズに反映されてカシアスは4~5番人気?かもしれない。しかし、不利には変わらないが少頭数の11番ゲートならここは大目に見て、本命は当初と変わらず

◎カシアス

この馬で決まりです。ファストアプローチと互角と判断するなら、内枠に入ったファストアプローチを優位に取るのが定石。しかも昨年散々デムーロを外してやられたにもかかわらず、また蹴ってしまった(;^_^Aやはり最終的な判断はG1以外で凡走歴無しの安定性。確かに距離は若干長いかもしれないが、G1であれだけやれればここは落とせない。

そして穴馬ですが、当初はプリュスの予定でした。しかし、カシアスがこの人気なら穴馬は多少配当が下がっても、もう少し実績のある馬を選びます。それは

この馬☟

中央競馬ランキング

前々走の重賞でホープフルステークス6着馬のルーカスとコンマ1秒差の勝負ができたなら、ここでも足りるはず。

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です