シンザン記念2017 本命馬予想と枠順傾向

こんばんわ。ワイド師です。今回はシンザン記念の本命馬予想です。

まずシンザン記念の枠順傾向です。今回は登録馬が17頭です。過去10年で17頭以上だったのが1回しかないので、データとしてとりあえず15頭以上のデータを調べました。計7回ありました。

もう完全に内枠有利。開幕週だから当たり前ですが。そしてこれを馬番で調べると以下の通り。

二桁番から複勝率が下がってます。よってシンザン記念は1~9番ゲートまでが有利と判断します。

では現在のnetkeibaさんの単勝予想オッズ一桁台です。

1 ファストアプローチ 2.6

2 エアアルマス 4.0

3 カシアス 4.3

4 スターリーステージ 5.6

5 アーモンドアイ 6.8

以上が上位人気となってます。しかし今回はもう本命馬は2択と決めています。エアアルマス、スターリーステージ、アーモンドアイは実績不足で本命馬としては扱わない予定です。ワイド馬券として考えるなら下記2頭から選ぶのがベストでしょう。

ファストアプローチ

鞍上デムーロ。今年初登場です。札幌2歳ステークスでロックディスタウンの2着。朝日杯では6着。脚質的にも開幕週の先行馬で合うはず。内枠ならさらに評価は上がる。

カシアス

こちらは函館2歳ステークスの覇者。京王杯2歳ステークスではタワーオブロンドンの2着。朝日杯は7着。ファストアプローチと同じく開幕週の先行馬で合うはず。

ファストアプローチもカシアスも脚質は同じ。戦績もほぼ同じ。朝日杯は枠順も近かったし同じように走って、僅かコンマ1秒差でファストアプローチが先着。そうなると今回判断材料になるのは騎手の差か?枠順の差か?そんなところでしょう。

そして現在考えている本命馬候補は

この馬☟

中央競馬ランキング
2歳戦までは抜群に強い血統。3歳だがまだ1月なので買い時は今回がギリギリでしょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です