シルクロードステークス2019予想 枠順確定後の最終結論

こんばんわ、ワイド師です。

今回はシルクロードステークス2019の枠順確定後の最終結論の記事です。

 


そして降雪の影響で前売りは無いので、netkeibaさんの想定オッズを載せておきます。

 

 

枠順傾向の記事では1~10番ゲート有利と判断しています。

まず1番人気想定のの2番ダノンスマッシュは絶好枠。

開幕週の内枠先行という定番の形に持ち込めそう。

 

2番人気想定の5枠10番ラブカンプーはギリギリ許容範囲という配置でしょう。

出来ればもう少し内が欲しかったはず。

 

3番人気想定の8枠16番アンヴァルは明らかにマイナスな配置でしょう。

好走歴は殆んどが先行した時でこの位置では厳しい戦いになりそうです。

 

基本的に対抗馬や抑え馬は上位4番人気以内から選びます。

掛け金は目安として2000円設定です。

今回は対抗馬1頭と抑え馬1頭の2点勝負です。

今回は前売りが無くオッズが分からないので、どちらかに決め打ちします!

 

(対抗馬)

今回の対抗馬は

1枠2番 ダノンスマッシュ(1700円)

 

(抑え馬)

5枠10番 ラブカンプー(300円)

 

毎年荒れるレースですが、枠順配置や実績を考えたらやはりこの2頭でしょう。

その2択で選ぶなら絶好枠でその他血統傾向とデータ推奨馬でも取り上げたダノンスマッシュです。

ラブカンプーのデムーロ騎手は脅威なので抑えます。

 

最後に本命馬はこの馬☟


中央競馬ランキング

(本命馬)

降雪予報で馬場状態が最大の気掛かりだが、今回の距離短縮はプラス。

枠順も申し分ない絶好枠に入り、これなら3番手辺りには取り付けられるか?

年齢・前走の大敗・斤量で嫌われてかなり人気は無いが、2走前の好走時と同じ距離1200で内枠。

それを考えたらあくまで想定オッズで考えると妙味ありです。