シルクロードステークス2019予想 枠順・脚質・血統傾向

こんばんわ、ワイド師です。

今回はシルクロードステークス2019の枠順・脚質・血統傾向の記事です。

このレースは京都競馬場で行われる芝1200m戦です。

登録馬が24頭いるのでフルゲートは間違いないでしょう。

ハンデ戦の荒れる重賞です。

今週も美味しい穴馬を見つけ出したいと思います。

 


まず枠順傾向です。

過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

開幕週らしく外枠の複勝率が悪いですね。

これを見ると1~9番ゲートまでが有利と判断できます。

 

今度は穴馬の枠順傾向を調べてみます。

5番人気以下馬限定で過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

これを見ると満遍なく10番ゲート以内から穴馬が出ています。

そしてそこから飛んで15番ゲートで1頭です。

穴馬を狙うなら10番ゲート以内と考えて良いでしょう。

 

全体的には9番ゲートまで、穴馬だけなら10番ゲートまでという結果です。

だいたい傾向は一致しているので今回の結論は

 

1~10番ゲート有利

 

と判断します。

 


次に脚質傾向です。

過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

複勝率を見るとやはり開幕週らしく圧倒的に逃げ・先行馬有利です。

上りを見てもその傾向は読み取れます。

そして今回の上位人気馬で脚質的にちょっと危険かなと思う馬は

 

ダイメイプリンセス

 

この馬です。

完全な差し馬なので傾向から言うと軸としては不向きでしょう。

 


最後に血統傾向です。

以下が過去5年の血統表です。

 

 

過去5年の活躍馬の傾向は父にミスプロ系です。

今回はこれだけです。

特に2015年以降は父ミスプロ系でほぼ独占状態です。

今回の該当馬は

 

アンヴァル
セイウンコウセイ
ダノンスマッシュ
ティーハーフ
フミノムーン
ラインスピリット

 

以上6頭です。

ちなみに除外対象馬は入れてません。

 


これで傾向考察は終わりです。

そして現時点の穴馬候補は

この馬☟(A)

中央競馬ランキング

荒れるハンデ重賞だからこそ狙える馬です。

人気は全くない。

最後に掲示板に入ったのは10戦前のこのレースで3着。

血統はもちろん父ミスプロ系です。

ハンデも昨年と比べて2キロ減。

しかし着順だけ見ると買えないが、着差は悲観する程の内容ではない。

忘れた頃にもう一発です。