クイーンカップ2019予想 枠順確定後の最終結論

こんばんわ、ワイド師です。

今回はクイーンカップ2019の枠順確定後の最終結論です。

 


まず確定した枠順は以下の通りです。

 

 

枠順傾向の記事では枠順有利不利無しと判断しています。

前売りがないので現時点でオッズは出ていませんのが、netkeibaさんの想定オッズを載せます。

 

 

この頭数なので枠順はそれ程気にしなくても良いと思いますが、人気馬2頭のクロノジェネシスとビーチサンバは中枠~外枠配置なので、包まれる心配もなく自慢の末脚を発揮できるでしょう。

 

基本的に対抗馬や抑え馬は上位4番人気以内から選びます。

掛け金は目安として2000円設定です。

今回は対抗馬1頭の1点勝負です。

 

(対抗馬)

今回の対抗馬は

8枠9番 クロノジェネシス(2000円)

 

(抑え馬)

今回は無しです

 

オッズが出ていないので、回収率がどの程度になるか分かりませんが素直にクロノジェネシスで勝負します。

ビーチサンバも捨て難いのですが、ワイドのオッズだと多分100円程度しか変わらないと思いますので、今回は切ります。

それだけクロノジェネシスが3着以内に入る確率は高いと読んでいます。

 

最後に穴本命馬はこの馬☟


中央競馬ランキング

(穴本命馬)

共同通信杯でダノンキングリーがアドマイヤマーズに勝利したことにより、この馬の評価が上がってしまう可能性が大いにある。

妙味が薄れそうだが、5番人気以下にはなるはず。

穴本命は基本的に5番人気以下からが基本ですが、仮に4番人気になってしまっても今回は前売りが無く読めないので、この馬にします。

あとはやはり穴でこの鞍上なら狙ってみる価値はあります。