クイーンカップ2019予想 枠順・脚質・血統傾向

こんばんわ、ワイド師です。

今回はクイーンカップ2019の枠順・脚質・血統傾向の記事です。

このレースは東京競馬場で行われる芝1600m戦です。

現時点の登録馬は11頭でここはクロノジェネシスが断然人気になるでしょう。

鞍上も既に重賞2勝している絶好調の北村友一騎手で人馬共にスキが無さそうです。

 


まず枠順傾向です。

過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

複勝率を見ると内も外も満遍なく偏りが無いと思います。

ただ勝率で見ると内枠は勝てていません。

 

今度は穴馬の枠順傾向を調べてみます。

5番人気以下馬限定で過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

中枠辺りが全く来ていないのが気になりますが、穴馬は内も外も来ています。

両データとも強調する程の偏りが見られないので今回の結論は

 

枠順有利不利無し

 

と判断します。

 


次に脚質傾向です。

過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

勝率・複勝率を見ると基本的に逃げ・先行馬有利です。

ですが差し馬もソコソコ来ているので軽視とまではいかないでしょう。

今回の上位人気馬のクロノジェネシスとビーチサンバは前走の阪神ジュベナイルで追い込み・差しで好走しました。

脚質的に考えると、この2頭が前走と同じような競馬をするなら一泡吹かせられそうなのはやはり逃げ・先行馬だと思います。

ただ殆どの馬がまだ脚質が定まってないので、そこの判断が難しいですね。

近走の脚質だけで判断するとジョディー・マドラスチェック・ロカマドール辺りが前目に付けそうな気もするので、この3頭はちょっと気になります。

 


最後に血統傾向です。

以下が過去5年の血統表です。

 

 

過去5年の活躍馬の傾向は父にディープインパクトorハーツクライorノーザンダンサー系又は母父にノーザンダンサー系です。

目立つのは父と母父共にノーザンダンサー系ですね。

その中でもクロフネの血を持つ馬の活躍が目立ちます。

今回の該当馬は

 

カレンブーケドール
クロノジェネシス
ビーチサンバ
マジックリアリズム
ミディオーサ
ミリオンドリームズ
レッドベルディエス

 

以上7頭です。

ちなみに今回父or母父にクロフネの血を持つ馬はクロノジェネシスとビーチサンバの2頭。

血統的・実績的にこの2頭は外せないですね。

 


これで傾向考察は終わりです。

そして現時点の穴本命候補は

この馬☟(A)

中央競馬ランキング

2~3歳時でこの血統は外せないですね。

その中でも注目しているのは鞍上の実績込みでこの馬。

最近この鞍上とは相性が悪いですが、関東圏でのレースなら信頼できる。

馬自身も新馬戦では現在2戦2勝でひいらぎ賞を勝ったダノンキングリーとタイム差無しの2着。

3着までなら十分狙える位置にいると思う。