カペラステークス2018予想 過去データ推奨馬と本命&出走予定馬分析

こんばんわ、ワイド師です。

今回はカペラステークス2018の過去データ推奨馬と本命&出走予定馬分析の記事です。

 


まずはデータ推奨馬から入ります。

過去10年の結果は以下の通りです。

 

 

このデータから読み取れる材料は見方によって様々ですが、ここから穴馬の傾向を探したいと思います。

過去10年で5番人気以下の穴馬に多く見られる共通点

 

① 牡馬(例外無し)

② 4歳以上(例外無し)

③ 前走距離1200~1600m(例外無し)

④ 前走芝レースを除いて、着順は一桁着順(例外1頭)

 

以上になります。

今回の想定オッズ5番人気以下で該当するのは

 

ウインムート
キングズガード
サイタスリーレッド
タテヤマ
ナンチンノン
ヴェンジェンス

 

この6頭です。

今回はこの6頭をデータ推奨馬とします。

ただ赤字の馬は単勝想定オッズ100倍前後の馬。

そこを切り捨てれば3頭まで絞れます。

 


それでは本命馬(穴馬)予想に入ります。

現在のnetkeibaさんの単勝予想オッズ二桁台までは以下の通りです。

 

1 コパノキッキング 2.5
2 キタサンミカヅキ 3.7
3 オールドベイリー 6.4
4 ネロ 9.3
5 タテヤマ 10.9
6 ハットラブ 11.6
7 キングズガード 12.3
8 オウケンビリーヴ 22.3
9 ダノングッド 27.5
10 ブラゾンドゥリス 40.6
11 ウインムート 49.5
12 ヴェンジェンス 87.1
13 ノボバカラ 94.8

 

本命馬は5番人気以下から狙いたいと思います。

枠順・脚質・血統傾向の記事で本命馬候補を1頭挙げましたが、更にもう1頭本命馬候補を挙げたいと思います。

 

よろしければこちらの記事も読んでみて下さい☟

カペラステークス2018予想 枠順・脚質・血統傾向

クリックしたら飛びます。

本命馬候補(B)

この馬☟


中央競馬ランキング

距離適性は1400mがベスト。

1200mでは忙しすぎるかもしれないが、このレースの傾向は上り勝負の馬が強い。

近2走は1200mを使い善戦止まりだが、距離慣れと脚質傾向から言えばこの馬にチャンスがあっても良い。

実績的には中央重賞で何度も好走しているし、地方専門馬でないのも買い材料です。

 


最後に出走予定馬分析です。

対抗馬は基本的に1~4番人気以内から選びます。

 

コパノキッキング

超絶成績が悪いのがこのレースの1番人気馬。

今回この馬が1番になるようならそれだけで黄色信号。

近2走タイム差無しでの辛勝で格上げ初戦。

しかも鞍上はこれまでの騎手からするとレベルは落ちる。

危険な人気馬と呼べるかもしれない。

ただダートデビューしてからで7戦6連対という堅実性もあるので即切りできるかと言われれば迷う所です。

 

キタサンミカヅキ

この馬は多分地方専門馬。

中央場所では割引いて考えた方が良い。

ただ今回の上位人気馬は重賞未経験が2頭と年齢的な陰りが見えてきたネロ、そしてこの馬。

そこを考えると前走京都のJBCでモーニンやレッツゴードンキに先着したこの馬なら十分足りるのではないか。

決して安全パイとまでは言えないが、ある程度の信頼性はある。

 

オールドベイリー

前走の勝利でようやくオープン入りで近5走で4勝と勢いは十分。

ただ近走の相手が正直物足りない。

重賞でこれまでの競馬が出来るかは正直未知数。

どちらかと言えば、不安の方が大きい。

 

ネロ

ダート路線に変更してきて、ソコソコの成績は挙げている。

だがキタサンミカズキを筆頭にこのレースの出走馬数頭に何度か負けている。

人気の一角として狙うには不安が残る。

 


以上で記事は終わりです。

中日新聞杯と同じくどれも対抗馬にしたくない程信頼性に欠ける(;^_^A

ただ1~4番人気馬まで全て消えるというのは確率論から言って極めて低い。

敢えて一番信頼できるとすればキタサンミカヅキ、この馬です。

 

本命馬候補をまだ見ていない方はこちらからでもどうぞ。

本命馬候補(B)☟


中央競馬ランキング