オールカマー2018予想 過去データ推奨馬と本命&対抗馬候補

こんばんわ、ワイド師です。

今回はオールカマー2018の過去データ推奨馬と本命&出走予定馬分析の記事です。

 


まずはデータ推奨馬から入ります。

2008年以降の1~3着馬です。

 

 

このデータから読み取れる材料は見方によって様々ですが、

 

①馬券内は7歳馬まで

②斤量は55キロ以上

③前走芝2200m以上の国内G1レース出走馬

 

以上になります。

過去9回でこの条件で来た馬は7回です。

そして①~③の項目に全て当て嵌まる馬は

ガンコ
ダンビュライト

 

この2頭しか残りませんでした。

今回はこの2頭をデータ推奨馬とします。

 


それでは本命馬(穴馬)予想に入ります。

現在のnetkeibaさんの単勝予想オッズ二桁台までは以下の通りです。

 

1 レイデオロ 2.1
2 アルアイン 3.4
3 ダンビュライト 4.0
4 ガンコ 6.6
5 エアアンセム 14.7
6 ミライヘノツバサ 22.2
7 ゴールドアクター 34.7
8 ブラックバゴ 45.6

 

本命馬は5番人気以下から狙いたいと思います。

枠順・脚質・血統傾向の記事で本命馬候補を1頭挙げましたが、更にもう1頭本命馬候補を挙げたいと思います。

 

よろしければこちらの記事も読んでみて下さい☟

オールカマー2018予想 枠順・脚質・血統傾向

クリックしたら飛びます。

本命馬候補(B)

この馬☟


中央競馬ランキング

正直、この馬を買うのはかなりリスクがある。

終わった馬と言っても過言ではない。

しかし最終追い切りでやや復調の兆しが見えている。

血統傾向は問題なし。

格は他の馬にも引けを取らない。

問題はメンタル面だけ。

そこさえクリアできていれば、オグリキャップのラストランのような復活があるかも‥

 


最後に出走予定馬分析です。

対抗馬は基本的に1~4番人気以内から3頭選びますので、分析馬も上位人気4頭を対象とします。

 

レイデオロ

海外帰りの1戦で不安はこの1点だけ。

実績は文句なしで絶好調の鞍上ルメールということも考慮すれば候補から外すのは無謀かもしれない。

 

アルアイン

レイデオロと同じく海外帰り。

距離は過去実績から言ってギリギリ持つと思う。

ただ最大の懸念材料は川田騎手が乗らないこと。

ルメール騎手がレイデオロに乗るのであれば、この馬は川田騎手が乗ると思ってた。

しかし川田騎手は神戸新聞杯のステイフーリッシュに騎乗。

その点で勝負度合いが低いと考えるのは自分だけでしょうか?

 

 

ダンビュライト

データ推奨馬でも挙げたが、前走宝塚記念組は強い。

上記2頭には力で劣るかもしれないが、共に海外遠征後。

そういう意味では3着以内で考えると実力と妙味が揃った一頭である。

 

ガンコ

ベスト距離はもう200mは伸びた方が良さそう。

ただ伸びたとしても、前走の宝塚記念であの惨敗では伸びしろがどこまであるか?

G2レベルまでの馬という可能性が高くなったというのが正直な印象。

 


以上で記事は終わりです。

確実に狙うならレイデオロ。

妙味を考えるとダンビュライトと言うのが現時点での評価です。

 

本命馬候補をまだ見ていない方はこちらからでもどうぞ。

本命馬候補(B)☟


中央競馬ランキング