オールカマー2018予想 枠順・脚質・血統傾向

こんばんわ、ワイド師です。

今回はオールカマー2018の枠順・脚質・血統傾向の記事です。

このレースは中山競馬場で行われる芝2200m戦です。

比較的堅いレースで、メンバーを見渡すと今年も堅そう。

穴馬探しには苦労しそうです。

 


まず枠順傾向です。

データは改修工事後の2015年以降のデータです。

3年分しかありませんが、かなり偏ったデータが出ました。

 

 

サンプル数は少ないですが見過ごすことのできないデータです。

完全に一桁番が有利です。

先週の同コースのセントライト記念は枠順有利不利無しという結論でしたが、今回は判断が難しくなってきました。

 

今度はコースデータです。

しかし先週のセントライト記念の記事でコースデータは掲載しました。

条件が多少違いますが、決して内枠が有利なデータではありませんでした。

そこで今回はちょっと見方を変えて重賞クラス限定で検索しました。

 

 

対象レースは改修工事後のオールカマーを除く、セントライト記念とアメリカジョッキークラブカップのデータです。

これを見ると10番ゲートまでが有利です。

 

はっきり言って何でこうなるか説明できません(;^_^A

敢えて言えば、レベルが高くなると単純に距離ロスが少ない内枠が有利になるということでしょうか?

 

そういえば先週のセントライト記念は穴馬の2番グレイルが3着、4番ジェネラーレウーノがレイエンダを退けて勝利しました。

今更言うのもなんですが、この記事先週書けばよかった(苦笑)

でも今気づいたことなので‥‥

ということで今回の結論は両データに共通する

 

1~9番ゲート有利

 

と判断します。

 


次に脚質傾向です。

改修工事後の以降のデータです。

 

 

複勝率で見ると先行・差しはほぼ互角です。

 

そして極端な追い込み馬は不利なようです。

人気薄ですがショウナンバッハやブラックバゴは穴馬として狙うのは危険かもしれません。

 

今回の上位人気馬のレイデオロ・アルアイン・ダンビュライト・ガンコは脚質での有利不利は無いと判断して良いでしょう。

 


最後に血統傾向です。

改修工事後の過去3年の活躍馬の傾向は父にロベルト系又はディープインパクト産駒母父にノーザンダンサー系orミスプロ系です。

 

今回の登録馬では

 

アルアイン
エアアンセム
ガンコ
ゴールドアクター
プリメラアスール
マイネルミラノ

 

以上6頭です。

ここにレイデオロの名前がありません。

血統的には取りこぼしの可能性もあるのではないでしょうか。

 


これで傾向考察は終わりです。

そして現時点の本命馬候補は

この馬☟(A)

中央競馬ランキング

前走の鞍上がガンコを選んでしまったのは正直気になる。

しかし今回の鞍上はむしろ上がった気がする。

血統傾向も脚質傾向も良いし、有力馬が休み明けの分チャンスはあると思う。