オーシャンステークス2019予想 枠順・脚質・血統傾向

こんばんわ、ワイド師です。

今回はオーシャンステークス2019の枠順・脚質・血統傾向の記事です。

このレースは中山競馬場で行われる芝1200m戦です。

今回は有力牝馬が多数参戦で、想定オッズでは上位人気を牝馬が独占しています。

現在の登録馬とnetkeibaさんの予想オッズは以下の通りです。

 

 


まず枠順傾向です。

改修工事後の2015年以降のデータは以下の通りです。

 

 

これを見ると14番ゲート以降からは馬券内になった馬はいません。

ただ、内枠も所々馬券内無しのゲートがあるので微妙なところです。

 

今度は穴馬の枠順傾向を調べてみます。

5番人気以下馬限定で2015年以降の傾向は以下の通りです。

 

 

データが少ないですが内枠からは穴馬が出現していません。

今回はデータ不足なので、改修工事前も含めた過去10年の穴馬枠順傾向を調べました。

 

 

1番2番から2頭出ていますが、基本的には6番ゲート以降は満遍なく穴馬が出現しています。

内枠より外枠が優勢ではないでしょうか。

 

以上のデータを踏まえて今回の結論は

 

6番ゲート以降有利

 

と判断します。

 


次に脚質傾向です。

改修工事後の2015年以降のデータは以下の通りです。

 

 

これを見ると逃げ馬の複勝率が高いですが、差し馬が過去4年で3勝している。

これが多分枠順傾向の内枠不利というデータと関連していて、外差しが決まりやすいということでしょう。

今回の上位人気4頭の中で差し馬はダイメイプリンセスだけ。

外枠に入ったら要注意かもしれません。

 


最後に血統傾向です。

以下が2015年以降の1~3着馬の血統表です。

 

 

過去4年の活躍馬の傾向は父にサンデーサイレンス系orミスプロ系且つ母父にノーザンダンサー系以外です。

このレースはノーザンダンサー系の相性が非常に悪いです。

今回の該当馬は

 

エスティタート
エントリーチケット
カイザーメランジェ
キングハート
クインズサリナ
コスモドーム
スタークニナガ
ダイメイフジ
ナックビーナス
ユキノアイオロス
レジーナフォルテ

 

以上11頭です。

ちょっと頭数が多くなってしまいましたが、コスモドーム・スタークニナガ・ユキノアイオロスは戦績的に切っても良いでしょう。

 


これで傾向考察は終わりです。

そして現時点の穴本命候補は

この馬☟(A)

中央競馬ランキング

近3走は人気より着順が全て上回っている。

この馬の重賞実績は過去5戦で6着4着3着5着2着で5戦中4回も人気より着順が上回っている。

重賞では掲示板か馬券圏内で常に戦える馬である。

今回は上位人気馬が殆ど牝馬という構成でもあるので、それならばこの馬の入り込む余地は十分あります。