オークス2019予想 枠順・脚質・血統傾向

こんばんわ、ワイド師です。

今回はオークス2019の枠順・脚質・血統傾向の記事です。

このレースは東京競馬場で行われる芝2400m戦で、比較的堅く収まるレースです。

今年は上位勢がかなり強そうな感じがするのですが、それでも穴馬を狙っていきたいと思います。

 

現在の登録馬とnetkeibaさんの予想オッズは以下の通りです。

 

 


まず枠順傾向です。

過去10年のデータは以下の通りです。

 

 

同距離のダービーは内枠が反則的に有利ですが、オークスも同じく内枠は有利である。

但し、外枠が不利かというと決してそんなことはない。

これを見ると複勝率では1~3番ゲートは確かに有利であるが、13番ゲート以降も軽視できない。

むしろ、中枠辺りの複勝率が低いと思います。

 

今度は穴馬の枠順傾向を調べてみます。

5番人気以下馬限定で過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

これを見ると、極端な傾向ですね。

穴馬は1~4番ゲート以内13番ゲート以降からしか出現していません。

要は内枠での立ち回り勝負か外枠からの末脚勝負と言ったところでしょうか。

中途半端な枠順はデータ的には軽視したいところです。

 

上記のデータを考慮して今回の結論は

 

1~4番ゲート&13番ゲート以降有利

 

と判断します。

今回は特殊な傾向ですが、穴馬を狙うならここから決め打ちしたいと思っています。

 


次に脚質傾向です。

過去10年のデータは以下の通りです。

 

 

オークスはとにかく末脚勝負のレースです。

勝ち馬は中団・後方馬が殆どで、上り1位の複勝率が90%超えというのは驚異的です。

今回の上位人気馬のコントラチェックですが、基本的には逃げて結果を残してきた馬。

そういう意味では傾向に合わない。

しかも今回は同型馬ジョディ―(抽選対象馬)もいるので、ジョディーが抽選突破して、更にコントラチェックが外枠にでも入ったら鞍上が絶好調のレーン騎手でも切る可能性もアリです。

ダノンファンタジーも似たようなことが言えると思います。

特にこの馬は気性的に2400mは長すぎる可能性もありますね。

 


最後に血統傾向です。

以下が2014年以降の1~3着馬の血統表です。

 

 

過去5年の活躍馬の傾向は父にノーザンダンサー系・ミスプロ系又は2500m以上のG1勝利経験があるサンデーサイレンス系種牡馬です。

近2年父にノーザンダンサー系やミスプロ系が活躍しています。

しかしそれ以前はサンデーサイレンス系種牡馬がほぼ独占状態でした。

今回は対象馬が多いので逆に傾向的に消し馬を載せたいと思います。

今回の該当馬は

 

ウインゼノビア(父ロベルト系)
クロノジェネシス(父ナスルーラ系)
シゲルピンクダイヤ(ダイワメジャー産駒)
ジョディー(ダイワメジャー産駒)
メイショウショウブ(ダイワメジャー産駒)

 

以上5頭です。

この中でも特にダイワメジャー産駒は明らかに血統的に長いです。

シゲルピンクダイヤは個人的にはかなり魅力がありますが、血統的には手が出しづらいです。

 


これで傾向考察は終わりです。

そして現時点の穴本命候補は

この馬☟(A)

中央競馬ランキング

前走はたまたま出遅れてしまったのが幸いして、逆に脚質に幅があるのが分かった。

鞍上は最近重賞では好調で、馬自身も前走の偶然の脚質転換で勝利。

今回も同じ戦法を取れるようなら狙う価値はあると思います。