オークス2018予想 枠順・脚質・血統傾向

こんばんわ、ワイド師です。今回はオークスの枠順・脚質・血統傾向です。

 

まず枠順傾向です。

オークス過去10年の傾向は以下の通りです。

勝率・複勝率を見てもあまり偏りはありません。4枠と6枠は成績が悪いようですが、5枠や7枠の成績が悪い訳ではないのであまり気にしなくても良いと思います。

次にコースデータです。2008年以降でフルゲート限定です。

こちらは完全に1枠2枠有利。これはダービーでは特に有名なデータです。ダービーの1枠は無条件で買いと言われる程です。

しかし、オークスに限っては特殊です。ほぼフラットと言っていいでしょう。昨年こそ1枠のソウルスターリングとモズカッチャンが来ましたが、あの2頭は枠順以前に格の違いだったと思います。

よって結論は

 

枠順傾向はフラット

 

と判断します。

 

次に脚質傾向です。

過去10年の傾向は以下の通りです。

差し・追い込みが断然有利です。ソウルスターリングとルージュバックは先行で結果を残しましたが、共に1番人気でした。

先行馬のラッキーライラックにはちょっと嫌なデータです。

 

最後に血統傾向です。

近年オークスの血統傾向は父か母父にノーザンダンサー系の血が入っていること。ただノーザンダンサー系の中のストームバード系以外で。

今回のメンバーでは以下の6頭になります。今回もここから穴馬を決めたいと思ってます。

カンタービレ
サヤカチャン
トーセンブレス
リリーノーブル
レッドサクヤ
ロサグラウカ

オークスは基本的には大荒れが望めないレース。二桁人気の激走は期待薄でしょう。想定オッズで二桁人気馬を消去すると

カンタービレ
トーセンブレス
リリーノーブル

この3頭に絞られます。ただカンタービレはフラワーカップ組。過去10年でこの経由から馬券内来た馬はいない。桜花賞組・フローラステークス組・忘れな草組・皐月賞組のどれか。そうなると

トーセンブレス
リリーノーブル

この2頭が有力だと思います。

 

以上です。そして現時点の注目馬は

この馬☟

中央競馬ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください