オークス2018予想 最終結論

こんばんわ、ワイド師です。今回はオークスの最終結論です。

オークスは比較的に荒れない傾向のレース。

過去傾向から考えても二桁人気は無条件で切り捨てても良いと思います。

 

それを踏まえて現時点でのオッズ9番人気までの馬は

1 アーモンドアイ 1.7
2 ラッキーライラック 4.2
3 サトノワルキューレ 5.9
4 リリーノーブル 15.8
5 オールフォーラヴ 24.7
6 マウレア 25.4
7 カンタービレ 31.6
8 ロサグラウカ
9 パイオニアバイオ 55.5

以上になります。ちなみに穴馬候補筆頭だったトーセンブレスが除外。予想の仕切り直しです。

そして顕著な傾向があるのが前走傾向。過去20年まで遡っても馬券内になった前走のレースは桜花賞組・忘れな賞組・フローラステークス組・皐月賞組・スイートピーステークス組しかいない。

そうなると残る馬は

1番人気 アーモンドアイ 1.7(桜花賞組)
2番人気 ラッキーライラック 4.2(桜花賞組)
3番人気 サトノワルキューレ 5.9(フローラステークス組)
4番人気 リリーノーブル 15.8(桜花賞組)
5番人気 オールフォーラヴ 24.7(忘れな賞組)
6番人気 マウレア 25.4(桜花賞組)
9番人気 パイオニアバイオ 55,5ラステークス組)

この7頭しか残らない。

まず本命馬ですが、ここは前予想と変わらず

◎アーモンドアイ

 

この馬で決まりです。桜花賞のレースを見たら切り捨てられません。

 

そして穴馬ですが、リリーノーブルが逆転候補と考えるのが無難ですが、オッズ妙味無しです。

そこで5番人気以下で考えると

オールフォーラブ
マウレア
パイオニアバイオ

以上の3頭になります。どの馬も穴馬としての魅力はあります。

そして穴馬候補の記事で血統的候補として挙げたのは

カンタービレ

この4択から選びます。過去傾向か素直な血統傾向か?迷いますが

穴馬最終結論は

この馬☟

中央競馬ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください