エルムステークス2018予想 本命&対抗馬候補

こんばんわ、ワイド師です。今回はエルムステークス2018の本命&対抗馬候補の記事です。

出走馬が決まりました。

回避馬は1頭もいなく、14頭立ての競馬となりました。

 


それではまず本命馬(穴馬)予想です。

現在のnetkeibaさんの単勝予想オッズ二桁台までは以下の通りです。

 

1 ミツバ 3.0
2 ハイランドピーク 3.9
3 リッカルド 5.5
4 ドリームキラリ 6.4
5 ロンドンタウン 6.8
6 アンジュデジール 13.1
7 リーゼントロック 18.4
8 ノーブルサターン 20.5
9 ディアデルレイ 30.1
10 モルトベーネ 48.2
11 ブラゾンドゥリス 59.8
12 アルタイル 73.3
13 メイショウスミトモ 83.5

 

本命馬は5番人気以下から狙いたいと思います。

まずノーブルサターンは週頭の候補馬でしたので、このまま残します。

そして更にもう1頭本命馬候補を挙げたいと思います。

 

本命馬候補(B)??????

前走は先行できなかったが、基本的には先行馬なのでこの点では良い。

ただOP2連勝後は重賞で苦戦続き。

しかし、前走はハイランドピークとコンマ2秒差の勝負をしているので決して衰えは無い。

仮にもG2の東海ステークスで2番人気になったことがある馬。

連敗続きですが、穴馬としてはソロソロ走り頃な気がします。

 


次は対抗馬候補です。

対抗馬は基本的に上位人気馬から3頭選びます。

 

ミツバ

実績を考えれば1番人気は妥当なところでしょう。

しかも今年に入って人気以下の着順は1度も無し。

不安はマクリ気味の競馬が多いので、内枠に入った場合外に出られない可能性もある。

 

ハイランドピーク

13戦して馬券内が10回という堅実派。

ワイド馬券的には理想の馬である。

ただ鞍上が横山和生騎手というのがどうも引っかかる。

 

リッカルド

この馬は本当に強いのですかね?

基本的に地方だけに良績が集中している馬は重視しないのですが、鞍上がルメールというのがさらに悩ませる。

前走も帝王賞4着ですが、離された4着ですので判断が難しいです。

 

ドリームキラリ

今回逃げるとしたらこの馬ではないでしょうか?

このレースは反則的に逃げ先行が有利なレース。

この時点で格とか関係なしに有力候補なのは間違いない。

昨年も当レースで逃げて3着なので2年連続の可能性は十分ある。

 


以上が本命馬と対抗馬の評価です。

そして現時点での本命馬候補2頭目と軽視予定の馬は

この2頭☟

中央競馬ランキング

今回軽視予定の馬は人馬共に実績が無い。

当馬は何だかんだ言ってもOP勝利すら無い。

勢いはあるが、今回が試金石の1戦です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください