エリザベス女王杯2017 本命馬予想

こんばんわ。ワイド師です。今回はエリザベス女王杯の本命馬予想です。
まず、現在のnetkeibaさんの単勝一桁台の予想オッズです。
1 ヴィブロス 2.9
2 スマートレイアー 4.9
3 ミッキークイーン 4.9
4 ルージュバック 5.4
5 ディアドラ 8.0

ヴィブロス

鞍上ルメール。海外G1制覇で叩き2走目。文句なしのローテーションですね。ただ海外競馬は自分の競馬理論的に予想ファクターから外してます。あくまで参考程度です。サトノダイヤモンドもそうですが、国内と海外では馬場も環境も違い、合う馬と合わない馬がいると思います。海外G1を勝ったからと言って、国内最強とは言えません。最近ではリアルスティール、ネオリアリズム、古くはステイゴールド。決して国内最強馬とは言えませんでした。モーリスは別格ですが。ヴィブロスも牡馬混合の中山記念を勝っていたらそれなりの評価ですが、あくまで牝馬の強い馬という評価です。ですが、やはり1番人気は妥当な評価だと思います。

スマートレイアー

前走は牡馬混合の京都大賞典で勝利。この馬は2000m以上で好成績を収めています。しかも牡馬相手に。今年に入って2000m以上のレースは全て牡馬混合で、しかも全て連対している。能力が覚醒する前の過去2度のエリザベス女王杯の敗戦は参考外と判断してます。

ミッキークイーン

長期休養明けで人気を落としている気がしますが、有馬記念5着、宝塚記念3着で牡馬相手にこれだけの成績を残している点ではヴィブロスより上だと思います。この馬の距離適性は中距離ですし、昨年も当レースで休み明けながら3着。決して侮れない存在です。

ルージュバック

怪物と呼ばれながらも今だG1を取れず。強いと思います。ただ安定性が無い。本命馬として扱うにはリスキーです。

ディアドラ

毎回素晴らしい末脚を披露する馬。G1馬だがルメールはヴィブロス選んだ。この1点で本命馬にはできない。
今回は好メンバーが揃った。上位5頭以外にもモズカッチャンやリスグラシューも十分チャンスがあると思う。その中でも最有力な本命馬候補は
この馬👇

中央競馬ランキング
枠順次第で変わる可能性もあるが、国内牡馬混合のレースでの実績を最優先する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください