アンタレスステークス2019予想 枠順・脚質・血統傾向

こんばんわ、ワイド師です。

今回はアンタレスステークス2019の枠順・脚質・血統傾向の記事です。

このレースは阪神競馬場で行われるダート1800m戦です。

皐月賞の影に隠れて、ローカル競馬のような雰囲気ですが気を抜かずに仕留めたいと思います。

現在の登録馬とnetkeibaさんの予想オッズは以下の通りです。

 

 

 


まず枠順傾向です。

過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

パッと見てすぐわかるのが、外枠の14番ゲート以降の複勝率の低さ。

6~9番ゲートもイマイチですが、その両サイドが好成績なのであまり気にしなくても良いのではないでしょうか?

 

今度は穴馬の枠順傾向を調べてみます。

5番人気以下馬限定で過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

穴馬傾向を見ると1~5番ゲートに穴馬が集中して、そこから離れて12・13番ゲートに穴馬が出現しています。

ただ先週は枠順傾向で有利枠を絞り過ぎたために、穴馬を2レース逃しました。

先週の反省を活かすためにも、ここは絞り過ぎないようにします。

 

以上のデータを踏まえて今回の結論は

 

14番ゲート以降不利

 

と判断します。

 


次に脚質傾向です。

過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

ダート戦ですから当たり前ですが、ベタに逃げ・先行馬有利です。

差し馬も決して来ない訳ではないですが、やはり前に行く馬を重視したい。

ただ今回は先行馬や逃げたい馬が多く揃った。

展開を考えると、差し馬に有利な流れになるかもしれない。

上位人気馬の中ではウェスタールンドが唯一の差し馬で、チャンピオンズカップの2着馬でもある。

極端な内枠に入らなければ、この馬のチャンスはかなり大きいかもしれません。

 


最後に血統傾向です。

過去5年の1~3着馬の血統表です。

 

 

過去5年の活躍馬の傾向は父サンデーサイレンス系種牡馬×母父ミスプロ系です。

昨年は母父ノーザンダンサー系馬が不良馬場の影響なのか独占したが、それ以前は好成績とは言えない。

基本的にはミスプロ系の好走が目立つのですが、出走馬数に対する複勝率で換算するとそれ程でもありません。

今回は好走パターンが難しく、唯一好走パターンを挙げるとすれば、上記の父サンデーサイレンス系種牡馬×母父ミスプロ系という結果になりました。

今回の該当馬は

 

グリム
テーオーエナジー
マイネルオフィール

 

以上3頭です。

さすがに想定オッズで最下位人気のマイネルオフィールは要らないかもしれませんね。

 


これで傾向考察は終わりです。

そして現時点の穴本命候補は

この馬☟(A)

中央競馬ランキング

過去傾向から考えると正直高齢馬は買いたくないですが、穴馬の中で正直買えるような馬があまり見当たりません。

ただ近走の対戦相手や成績を考慮すると、この馬はかなり舐めらている。

現状の想定オッズで買えるなら妙味は十分あります。