アンタレスステークス2018予想 枠順傾向

こんばんわ、ワイド師です。今回はアンタレスステークの枠順傾向です。

まずはアンタレスステークスの過去10年の枠順傾向です。ただし、2011年以前は京都開催だったので、阪神開催の2012年以降のデータです。

これをみると7枠8枠の複勝率が落ちます。ダートは基本的に外枠有利な傾向がありますが、このデータでは真逆の傾向です。

次にコースデータです。2008年以降の16頭立て限定のデータです。

このデータを見る限り完全にフラットと判断して良いでしょう。

これは困りました。レースデータは7枠8枠不利コースデータはフラット

微妙ですが、コース形態を考えると内枠有利と考えるのが妥当だと思います。よって

 

アンタレスステークスは7・8枠不利

 

という結論です。以上ワイド師でした。


中央競馬ランキング

励みになります。ワンクリックお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください