アメリカジョッキークラブカップ2019予想 過去データ消去法

こんばんわ、ワイド師です。

今回はアメリカジョッキークラブカップ2019過去データ消去法の記事です。

データ消去法は上位人気馬編(基本的には4番人気まで)と穴馬編(基本的には5番人気以下)に分けています。

そして現在のnetkeibaさんの予想オッズは以下の通りです。

 

 


まずはデータ消去法上位人気馬編から入ります。

過去10年の結果は以下の通りです。

カラー部分が1~4番人気馬となっていて、赤色部分は強調点として色分けしました。

 

 

このデータから読み取れる材料は見方によって様々ですが、ここから上位人気馬の傾向を探したいと思います。

基本的に年代別単位で考えています。

過去10年で上位人気馬に多く見られる共通点

 

① 前走G1組は6着以内(例外年1回)

② 前走G2は3着以内(例外年無し)

③ 前走G3組は2着以内(例外年無し)

 

以上になります。

2014年を除く9年間でこの条件のどれかに合致する4番人気以内馬は馬券圏内に来ています。

今回の想定オッズ4番人気以内で上記の条件に該当する馬は

 

フィエールマン

 

この1頭です。

今回はこの1頭をデータ推奨馬とします。

 


次はデータ消去法穴馬編です。

過去10年の結果は以下の通りです。

カラー部分が5番人気以下馬となっていて、赤色部分は強調点として色分けしました。

 

 

このデータから読み取れる材料は見方によって様々ですが、ここから穴馬の傾向を探したいと思います。

穴馬編も年代別単位という視点で考えました。

過去10年で穴馬に多く見られる共通点

 

① 前走ディセンバーステークス組or重賞組(例外年無し)

② 4~8歳(例外年無し)

③ 前走間隔13週以内(例外年1回)

 

以上になります。

③の項目は表には載ってませんが、2017年のタンタアレグリアの天皇賞春は明らかに前走間隔が空き過ぎている。

そして調べてみたらタンタアレグリア以外は全て中13週以内でした。

今回の想定5番人気以下馬で上記の条件に該当する馬は

ショウナンバッハ
メートルダール

 

この2頭です。

今回はこの2頭をデータ推奨馬とします。

 


最後に穴馬候補を挙げたいと思います。

枠順・脚質・血統傾向の記事で穴馬候補を1頭挙げましたが、更にもう1頭選びました。

よろしければこちらの記事も読んでみて下さい☟

 

アメリカジョッキークラブカップ2019予想 枠順・脚質・血統傾向

クリックしたら飛びます。

穴馬候補(B)

この馬☟


中央競馬ランキング

もう終わった馬かと思ったが、近走は再び好走傾向にある。

ただ脚質的には新潟・中京・東京コースが向いていると思う。

ですが3年前には当レースで馬券圏内に入っていることを考えると無視もできない。

血統・枠順・データ傾向の記事の3点で満点の馬は前回挙げた馬とこの馬だけ。