アメリカジョッキークラブカップ2019予想 枠順確定後の最終結論

こんばんわ、ワイド師です。

今回はアメリカジョッキークラブカップ2019の枠順確定後の最終結論です。

現時点のオッズはフィエールマンが断然人気です。

順当にこの馬で決まってしまうのでしょうか?

 


まず確定した枠順と現時点のオッズは以下の通りです。

 

 

まず枠順傾向の記事では7番ゲート以降有利と判断しています。

1番人気は現在単勝190円の4枠4番フィエールマン

差し馬のこの馬にとっては極端な内枠に入らなかったし、少頭数というのもあり無難な配置でしょう。

そして2番人気1枠1番ジェネラーレウーノは相性の悪い1枠1番ですが、それでも脚質を考えると絶好枠とみて良いでしょう。

外からステイインシアトルが切れ込んできて、2番手での競馬となりそう。

シャケトラやミライエノツバサも先行勢に加わりそうだが、ハイペースの競馬はこの馬にとっては過去の走りから考えても逆に向きそうな感じがする。

 

基本的に対抗馬や抑え馬は上位4番人気以内から選びます。

掛け金は目安として2000円設定です。

今回は対抗馬1頭の1点勝負です。

 

(対抗馬)

今回の対抗馬は

4枠4番 フィエールマン(2000円)

 

(抑え馬)

今回は無しです

 

何度も書いてますが勢いに乗ったディープ産駒は買いです。

しかしその反面、ディープ産駒は4歳になった途端プッツンしてしまう可能性も否めない。

中山2200mというコースも適正的に合うとは思えないし‥‥

ジェネラーレウーノが中山の鬼という可能性が高いので余計に心配になる部分があります。

対抗馬にしておきながらマイナス要素しか書いてませんが、それでもやはりG1馬です。

ジェネラーレウーノは負ける時は大負けする傾向があるので、複勝圏内という意味でこの馬を対抗馬にしました。

ただフィエールマンが1着ではなく今回2or3着くらいになったら、次走はプッツンの可能性が高そう

マカヒキやサトノダイヤモンドのようなとてつもなく強い競馬を3歳時にした馬程、4歳初戦の前哨戦で軽く負けて、叩き台だから本番はいけると思わせておいてその後連敗街道という悲惨な末路。

ですが、今回は3着以内を考えるならこの馬が一番だと思います。

 

最後に本命馬はこの馬☟


中央競馬ランキング

(本命馬)

2つの過去記事で書いた枠順と血統と穴馬データ推奨馬の3項目で満点の馬はショウナンバッハとこの馬だけ。

本当なら穴馬2頭軸にしたかったが、配当面を考慮すると1点に絞るしかなくなりました。

脚質的にも外枠の絶好枠に入った。

少頭数なので極端に大外に振り回されることも無さそう。

ペースも多少は速くなりそうなで、展開が向く可能性もある。

何より鞍上に魅力を感じています。