きさらぎ賞2019予想 過去データ消去法

こんばんわ、ワイド師です。

今回はきさらぎ賞2019過去データ消去法の記事です。

データ消去法は上位人気馬編(基本的には4番人気まで)と穴馬編(基本的には5番人気以下)に分けています。

そして現在のnetkeibaさんの予想オッズは以下の通りです。

 

 


まずはデータ消去法上位人気馬編から入ります。

過去10年の結果は以下の通りです。

カラー部分が1~4番人気馬となっていて、赤色部分は強調点として色分けしました。

 

 

このデータから読み取れる材料は見方によって様々ですが、ここから上位人気馬の傾向を探したいと思います。

基本的に年代別単位で考えています。

過去10年で上位人気馬に多く見られる共通点

 

① 前走関西圏のレースに出走(例外年無し)

 

以上になります。

簡単ですが、上位4番人気以内の戦歴から考えると①の条件だけで的を絞れました。

今回の該当馬は

 

ダノンチェイサー

 

この1頭です。

今回はこの1頭をデータ推奨馬とします。

 


次はデータ消去法穴馬編です。

過去10年の結果は以下の通りです。

カラー部分が5番人気以下馬となっていて、赤色部分は強調点として色分けしました。

 

 

このデータから読み取れる材料は見方によって様々ですが、ここから穴馬の傾向を探したいと思います。

穴馬編も年代別単位で考えています。

過去10年で穴馬に多く見られる共通点

 

① 前走距離1600m以上(例外年3回)

 

以上になります。

例外3回は上位人気で独占した2012年2015年2016年の3回です。

人気馬編と同じく今回の出走馬の戦歴から判断すると①の条件だけで2頭に絞れました。

ただ8頭立てなので、5番人気以下は4頭しかいないけど(;^_^A

今回の想定5番人気以下馬で上記の条件に該当する馬は

タガノディアマンテ
メイショウテンゲン

 

この2頭です。

今回はこの2頭をデータ推奨馬とします。

 


最後に穴本命候補を挙げたいと思います。

枠順・脚質・血統傾向の記事で穴本命候補を1頭挙げましたが、更にもう1頭選びました。

よろしければこちらの記事も読んでみて下さい☟

 

きさらぎ賞201予想 枠順・脚質・血統傾向

クリックしたら飛びます。

穴本命候補(B)

この馬☟


中央競馬ランキング

頭数が少な過ぎて仕方なくこの馬になってしまった。

妙味は薄いが、確かに5番人気以下だとこの馬が最も信頼できると思う。

ディープ産駒で母はG1勝ちこそないが、牡馬相手に重賞で幾度も好勝負をした馬で血統的には十分な背景がある。

崩れないが初勝利までは時間がかかった。

しかしこういうタイプの馬はクラスが上がってもあっさり馬券圏内に来てしまうのを何度も見ている。

この馬はまさにそんなタイプかもしれない。