きさらぎ賞2019予想 枠順・脚質・血統傾向

こんばんわ、ワイド師です。

今回はきさらぎ賞2019の枠順・脚質・血統傾向の記事です。

このレースは京都競馬場で行われる芝1800m戦です。

毎年少頭数のレースですが、今年も違わず登録馬11頭。

そして現時点でサンアップルトンとハギノアップロードが出走回避。

さらにマコトジュズマルも回避予定で想定頭数は8頭です。

毎年少頭数なので、荒れることが少なく穴党泣かせのレースですがそれでも敢えて勝負します。

 


まず枠順傾向です。

過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

8~9頭立てが濃厚なので枠順傾向を調べる意味も無いですが一応調べました。

内外でそれ程有利不利は無さそうですが、敢えて言えば1~9番ゲートまでの複勝率が高いですね。

 

今度は穴馬の枠順傾向を調べてみます。

5番人気以下馬限定で過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

これを見ると穴馬は9番ゲート以内から出現しています。

 

ただ今回は最大でも9頭立てということを考えると今回の結論は

 

枠順有利不利無し

 

と判断します。

 


次に脚質傾向です。

過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

これを見ると位置取りなんか関係ないですね。

毎年少頭数ばかりなのでどこからでも来ます(;^_^A

このデータから一番のポイントを探すとすれば上り1位の複勝率100%というデータでしょう。

こればかりは走ってみないとどの馬が上り1位か分かりませんが、可能性的に高いと思うのは出走予定メンバーの中で上り33秒台を2度も出したのは

 

ヴァンドギャルド

 

この馬だけです。

鞍上デムーロで父ディープインパクトとくれば上り1位の可能性も十分あり得ます。

 


最後に血統傾向です。

以下が過去5年の血統表です。

 

 

過去5年の活躍馬の傾向は父にディープインパクト又は父サンデーサイレンス系×母父ミスプロ系or父サンデーサイレンス系×母父ノーザンダンサー系です。

東京新聞杯と同じく完全にディープインパクト祭りです。

しかしディープインパクト以外の父サンデーサイレンス系×母父ミスプロ系や父サンデーサイレンス系×母父ノーザンダンサー系という血統も過去5年の出走頭数から計算すると複勝率30%です。

今回の該当馬は

 

アガラス
タガノディアマンテ
ダノンチェイサー
メイショウテンゲン
ヴァンドギャルド

 

以上5頭です。

回避馬と回避予定馬は対象外です。

 


これで傾向考察は終わりです。

そして現時点の穴本命候補は

この馬☟(A)

中央競馬ランキング

このレースで大穴は狙いは無謀かもしれませんが、この馬に注目です。

血統傾向に合った父サンデーサイレンス系×母父ミスプロ系ですが、これだけではちょっと‥‥という感じだったのですが想定騎手が岩〇騎手。

人気薄の馬でも馬券圏内に持ってくるのが上手いので、そこに期待します。